menu

会社概要

ケアコラボのビジョン

人と人が立場を越えて
尊重し、助け合える世界に

職位を越えて、職種を越えて、
人々がチームとして尊重し、助け合える世界を作りたい。
私たちは顧客もチームの一員と考えます。
ご利用者の家族ともチームになって一緒にケアをできる環境を作りたい。
私たち自身も、顧客とチームになって良い製品を産み出し続けます。

ケアコラボのミッション

ICTで人が輝ける機会を作る

日々の仕事の一つ一つにも、実は工夫や思いやりに溢れている。
一人ひとりが持ち場で全力を尽くしている。
私たちはICTを使って、日々の努力にスポットライトがあたる機会を作ります。
ノウハウのシェアにとどまらず、人と人の関係性を深化させる貢献をします。

会社概要

ケアコラボ株式会社carecolLabo Inc.

住所 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-31-17 ARBOS 2-C
自由が丘駅(東急東横線/東急大井町線) 徒歩5分
メール info@carecollabo.jp
設立 2015年11月11日(介護の日)
事業内容 介護記録システムケアコラボのサービス提供(導入支援・開発・運用)

ケアコラボチーム

藤原士朗

代表取締役藤原士朗

システム開発会社、ソニックガーデンの副社長を務める。ソニックガーデン社への介護記録システムの開発依頼をきっかけに介護の世界へ。社福のミッションに向かう力強さと、介護士の人間的魅力に惹かれて、ケア記録システム「ケアコラボ」を提供する法人を設立、代表取締役に就任。

上田幸哉

システムエンジニア上田幸哉

1987年、独立系ソフトハウスに入社。以来約30年をソフトウェア・システム開発中心に、パッケージソフトの販売や導入、ITによる経営企画・業務支援コンサルに携わる。 2014 年ソニックガーデンに入社、ケアコラボの前身となるシステムの開発に携わる。ケアコラボ社の創業メンバーとして参画。

岡部拓哉

マーケティングマネージャー岡部拓哉

2013年、医療関連の企業へ入社。営業職から企画・マーケティング部門へと転属。Webアプリの開発業務に携わる。2017年にケアコラボ社に入社。リモート営業を確立し、現在はマーケティングを担当。より多くの方にケアコラボのよさを届けるために試行錯誤を繰り返している。

楠本純平

プロダクトオーナー楠本純平

株式会社ソニックガーデンに2016年に入社。社内SNSの営業と開発を経験する過程で、顧客の要望を自分自身でプログラミングする体験に大きな充足感を感じる。より現場に近い職場を求め2019年よりケアコラボ社に移籍。現場に足を運びつつ開発もする新しい働き方の確立に邁進している。

千賀遼子

営業千賀遼子

カスタマーサポート担当として2018年ケアコラボにジョイン。完全リモートワークで日本全国のお客様のケアコラボ活用を支援している。福祉業界には利用者の母親という側面も持つ。お客様のご相談に耳を傾け、より分かりやすく、笑顔でお話しすることを心掛けている。

山内菜津美

営業山内菜津美

2016年銀行に入社、個人顧客のマネープランを一緒に考える提案営業の業務を担当。様々な価値観に触れられるという接客の魅力を学ぶ。短期留学を経て2020年にケアコラボ社へ入社。ケアコラボに出会ってよかったと思われるように、お客様に丁寧に向き合い、ご相談しやすい対応を心掛けている。

赤沼紗織

営業赤沼紗織

2008年、コンサルティングファームに入社しITコンサルタントとして従事。転職後、仕事をしながら専門学校に通い、2013年に社会福祉士国家試験合格。以来約7年間医療機関や介護施設にてソーシャルワーカーとして従事。現場経験を活かしたお客様サポートを期待され、2020年よりケアコラボ社に入社。

ビジョン・ミッションに込めた想い

私たちが実現したい5つのこと – トップページと会社概要をリニューアル

開発ヒストリー

どのようにしてケア記録ソフト「ケアコラボ」が誕生したのか。 「ケアコラボ」を利用することで、何が起こるのか。 「ケアコラボ」の目指すところは。開発ストーリーから、介護現場への熱い思いをHELPMAN JAPAN(ヘルプマンジャパン)さんに記事にして頂きました。

 

ケアコラボをもっと知りたい!

導入事例を見てみたい!

メールマガジン登録

プログの更新など皆様のお役に立つ情報をお届けします。
お届けは2週間に一回程度の頻度を想定しています。