menu

記録は共有してこそ意味がある

昨今、記録の効率化が最近注目されています。
でも、どんなに素早く記録しても、
書棚やシステムにしまったままで活用しなければ
何の意味もないのではないでしょうか。

ケアコラボでは
記録の共有と活用に着目しています。

人が中心のシステム
ケアコラボは、さまざまなサービスの記録、ケアプランやバイタルを「利用者さまの軸」で統合して管理できます。ほかのケアスタッフや利用者の家族からのコメントや「いいね!」などのレスポンス機能もあり、みんなでささえるケアの実現をサポートします。
人が中心のシステム
写真や動画で記録できる
文字や言葉だけでは伝えきれないことがあります。スマホで撮った写真や動画をタイムラインにそのまま投稿できます。ほかのケアスタッフや家族、医療スタッフと写真で情報共有できることはよりよい関係づくりにつながります。
どこからでもアクセスできる
さまざまな端末から、いつでも・どこでもアクセスできます。スマホ・タブレット・PCのどれでも電波があれば記録と参照ができます。施設内だけでなく、緊急時もスマホ一つ持ち出せばご利用者の情報が見れるので安心です。通信の暗号化、信頼性の高いデータセンターの利用などセキュリティも万全。
誰でもかんたんに使える
使いやすさを最優先にシステムをつくっています。説明書をみなくても使えるというのがコンセプトです。LINEやfacebookのように直感的な操作でケア記録ができます。スマホに慣れていない方はパソコンや大きめのタブレット端末でも使うことができます。

動画を見てみる

導入法人

福祉楽団

すべての導入事例を見る

ブログ一覧

お知らせ

[ すべてのお知らせを見る ]